1483606_1431339977084615_1700528272_n

【病状六尺 7】
身体障害者にたいする行政のケアは、じゅうぶんだと思ってきた。
たとえば、ぼくの義弟は歩けない。
でも、そのおかげで彼は役所に仕事を持ち、障害者仕様の電気自動車を乗り回している。

若年層の就職難が叫ばれる昨今、地方公務員になるのがどれだけ大変か、知っているつもりだ。
足の悪い子だけがハーメルンの笛吹きについていかず、村に残ったように、体が悪いことはメリットにも転じ得るんじゃないか。
障害者にとって障害は武器だ。世の中がどうあろうと、義弟が職を失うことはない。
障害者が職を得て健常者が職を失う。そんなことがあり得ていいのだろうか。

以前に比べ、障害者は優遇されるようになった。
いいことなんだと思う。
でも、上記の例をよく知っている者は、手放しに喜べない。
これは行き過ぎた福祉の典型例じゃないのか。
「多い」と「少ない」。
税の割り振りに関して、ふたつしか選択肢がないとすれば、ぼくは迷わず「多い」を選んだだろう。

その考えを大いにあらためたのが、入院して、はじめて外出したときのことだった。
あまり知られてないかもしれないが、入院患者は自由に外を歩くことができない。
入院患者には集中管理が必要で、集中管理のためには自由に外に出てもらっては困る、というのがその理屈。
病院の外に出るためには、「外出」の許可をもらわねばならない。
そのための用紙もある。

はじめて外出したとき、ぼくは歩けなかったから、車いすに乗ることになった。
そして、驚いた。
世の中には、車いすでは通れない道がずいぶんある。
車いすの存在を考慮せずに作られた道が沢山ある。

ぼくが「じゅうぶんだ」と思い、「多い」と思ってきた身障者向けの福祉予算は、断じて多くはなかったのだ。
もちろん、身障者はマイノリティだから、税をふんだんに使えばいいとは思っていない。
限られたお金をどう使うかは、議会で決めなきゃいけないだろう。
でも「多い」か「少ない」かを問われれば、今は「少ない」と答えるにちがいない。
すくなくともあの道は、身障者福祉が取り沙汰される文化国家の道ではない。
今は、そう思っている。



TENTOの本、好評発売中!

TENTOBOOK
画像をクリックするとAmazonに飛びます。



TENTO WEB-SITE

tento-banner-grass

FACEBOOK PAGE

like_us hspace= TENTO運営のFacebookページ 情報学習研究所