bbc_2
ジュディス・バーンズ(BBC News教育レポーター  訳・TENTO/竹林暁) 元の記事

イギリスの教育相は、現在の英国のICTカリキュラムが「腐って」おり、根本的に変えなければならないと語った。

現在のICTカリキュラムは、大学や産業界の協力によって、9月からコンピュータ科学とプログラミングからなるフレキシブルなものに置き換えられる。

マイケル・ゴーブ教育相は、現在のICTカリキュラムは「生徒のやる気を削ぐ退屈なもの」だとしている。

ゴーブ氏は来週から新しいコンピュータカリキュラムのための会議を始めることにしている。

この新しいカリキュラムによって、「技術開発の最前線で働ける」若者が生み出されるという。

ロンドンで開かれた、教育技術のための大会で行ったスピーチで、ゴーブ氏は生徒たちがこの21世紀に適応していけるようなカリキュラムと教材を学校に提供する予定であると話した。

コンピュータ科学を学校で教える際に役立つような教材は専門家によって開発されたものがオンライン上にすでに存在している。しかしゴーブ氏は、大学や産業界が新たな過程や試験を創設することを望んでおり、中学レベル(GCSE)のものは特に必要だと考えている。

現在のカリキュラムではコンピュータの基礎教育が不十分であり、それは今後の英国の経済の見通しに悪影響を与える可能性すらあるという。

ゴーブ氏は、英国のコンピュータ史上における伝説的な先駆者であるアラン・チューリングのような人物が再来することを望んでいるのである。チューリングは1930年代の業績によって、現在のコンピュータ産業の礎を築いた人物である。

「ひとたび現在のICTカリキュラムの障害物を取り除けば、これからたった数年のうちに劇的な変化が見込めるのです」

「やる気のない先生にワードやエクセルの使い方を教わってほとほとうんざりしている子供ばかりというのはやめたい。11歳のこどもに2Dのアニメーションを書かせることだってできるのです。」

コンピュータ・ゲーム会社の創立者で、ゴーブ氏のアドバイザーの一人でもあるイアン・リビングストーンは、16歳でスマートフォンのアプリを作り、18歳で独自のプログラム言語を書けるような新しいカリキュラムを構想している。

●インターフェースの奴隷

昨年刊行された「次世代レポート」の共著者であるリビングストン氏は、レポートにおいて英国のコンピュータ教育がいかに質の悪いものであるかを強調していたが、彼はBBCニュースに対して「パワーポイントを一週間でマスターするようないまの世代の若者には、今のカリキュラムは根本的に間違っている」と語った。

「この世界で最も創造的な国でこんな教育が行われているのは茶番でしかない。」

「子供たちはアプリケーションの使い方を習うように強制され、アプリケーションの作り方は学ばない。彼らはユーザインタフェースの奴隷となりつつあり、それにすっかりうんざりしている。」

専門家の中には、新しいカリキュラムを実行するのに十分な能力を持った教師の不足を指摘する声もある。

英国コンピュータ協会のビル・ミッチェルは「コンピュータ科学を学校で教えることの重要性について、大臣個人がバックアップをしてくれていることは驚異的なことだ」と語る。

「たしかに、特に最近のコンピュータ科学を教えられる教師の不足など、いろいろと乗り越えなければならない問題はある。」

王立協会の、学校でのコンピュータ教育に関する緊急レポートのまとめ役であるスティーブ・フーバー教授は、「専門家ではない教師には、あまりにもたくさんの代替教材を与えられるのは混乱のもとになる」と言う。

「我々は、非専門家の教師をどうやって政府がサポートしようとしているかをもっと聞いてみたいと思っている。教育内容についてのオフィシャルなガイダンスがない状況において、優れたICT教育を行うのにもっとも力を発揮しなければならないのがそういった専門家ではない教師だからだ。」

●もっとWebデザインを

ロンドンの男子中学生、ニック・ダロシオは、卒業試験(GCSE)の勉強をするかたわら、インターネット上の検索を単純化する独自アプリを開発した。
この16歳の少年は、9歳の時に受けたWebデザインの授業によって興味を掻き立てられたという。

彼は、「その授業のおかげでプログラミングとデザインに入門できた」とBBCニュースに語った。

「それで、ごく基本的なことでいいから、もっとWebデザインやプログラミングの授業が全国の学校で行われるようになったら、アプリの世界がもっと学生の間で注目を集めるだろうし、最近の成功するアプリがどうやって作られているかを知るようになると思う。」

影の教育相であるスティーブン・ツイグ下院議員は、ICTのカリキュラムを現状に合うように変更する必要があるということは正しい」という。

「だからこそ、労働党は昨年、生徒たちはコンピュータプログラムの背後にあるメカニズムとコーディングを理解する必要があると語ったのだ。ワープロを使ったり、スプレッドシートにデータを入力したりパワーポイントのプレゼンテーション資料を作るやる方を教えるだけではダメだということだ。」

「学習プログラムを新しくするだけでなく、教師への教育をもっと良いものにする必要があり、子供たちに何を教えるべきかの基準ももっと高水準にし、その継続的なアセスメントも必要とされている。」

*

(BBCはイギリスの公共放送局。日本のNHKのような存在です。元の記事では、この文章にくわえ、映像と音声による興味ぶかいレポートもあります。)